TOPへ戻る  >  FXの雑所得の計算方法

FXの雑所得の計算方法

FXでの雑所得の計算の方法についてですが、FXの収入+その他の雑所得から経費を引いた額という計算になります。最初に1年間を通して、決済されたFXの利益を出しましょう。そしてその利益からFXの損失を引きます。もしもこの時点でマイナスになったという場合には所得としての確定申告の必要はありません。これでFXで1年間に得た利益の合計金額を出すことができました。それ以外に、もしも年金、印税、FX以外の投資や、副業、アフィリエイトやオークションといったもので収入を得ているという場合には、こちらも雑所得扱いになりますので、先ほどのFXの1年間の利益に加算する必要があります。

そしてその加算が済んだ段階で、次に経費を引きます。経費はFXをするにあたって1年間に必要になったものすべてを計算して、利益から引きましょう。この計算で算出された数字というのが、最終的に雑所得の合計金額ということになるので、確定申告の際に必要な数字は、この最終的な数字ということになるのです。しかしこの金額を見て、あまりにも金額が多いという場合には、税務署から再度問い合わせされたり、追求されたりする可能性も否定できません。

最近FXで脱税をする人がいたり、ごまかして申告をする人が多いせいか、税務署も慎重に行っていますので、問い合わせされる可能性は高いです。雑所得の内訳がよくわかるように、あらかじめ内訳を把握して何かメモを書いておくと役に立ってスムーズに申告することができます。

サイトMENU

Copyright (C) 2015 FXのくりっく365のメリット、デメリットは?. All Rights Reserved.